小夜風衣  (五七五ブログ)

風のベンチに腰掛けて、空を見る、花を見る、音楽を聴く、君を想う、575と指をおる。

カテゴリ:季語-秋 > 秋の生活


BlogPaint


君好む春服の裾風に揺る  小夜


風に舞うでは大風になってしまいそうなので、
揺るにしてみました。
下向きに咲く花 好みです。



にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

alps-1292548_960_720


靴下の穴繕うて牧閉す 小夜 



イメージは アルプスの少女ハイジ
ヤギ使いのペーターはヤギを預かって
山の牧場に連れて行き草を食べさせます。
冬の間は何をしているのでしょう?
きっと繕いものもしているよね


にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ


稲扱きの汗吹く婆の絣かな



小夜


お題「稲扱」で

刈り取って乾燥させた稲から籾を扱きとること。

母の実家は早生の稲作り農家で、
お盆には稲を刈ります。
唐箕(とうみ)で稲扱きする様子を見た記憶があります。




千歯扱き



唐箕(とうみ)



にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ

BlogPaint


紅葉狩蟷螂の色まだあおし 小夜

もみじかるとうろうのいろまだあおし


季語は紅葉狩

蟷螂は秋の季語なので 

蟷螂の色と季節感をぼかしてみました

蟷螂枯る となると冬の季語だそうです


BlogPaint



ここは東京新宿御苑

BlogPaint



写真はタムケアマという園芸種の楓

BlogPaint



にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ

BlogPaint
お参りをした本殿では 結婚式が執り行われていました

他人ごとですけど めでたい

とっても ハッピーな気持ちになりました


花嫁のお供は官兵衛菊人形  小夜

季語は 菊人形

菊の花や葉を衣装に擬して作った人形。

世相や花鳥を写し出して、見世物とする。

明治末期までは東京・千駄木の団子坂が有名だった。

現在は各地の公園や寺社の境内などで行われている。


テーマは大河ドラマ『軍師官兵衛』でした。

BlogPaint

官兵衛さん

お天気良すぎてフラッシュたいてもこの通りでした

BlogPaint

秀吉さん



これらの人形を見ているとき

先ほどの花嫁さんが通りかかりました

私の位置からは 花嫁さんの背後に菊人形が見えて

本当にお供のようでしたよ

にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ

このページのトップヘ