小夜風衣  (五七五ブログ)

風のベンチに腰掛けて、空を見る、花を見る、音楽を聴く、君を想う、575と指をおる。

pcのトラブルに小夜の記憶力が重なり、新しく「小夜風衣」を立ち上げ、 あっちいったり こっちいったり ばたばたしている小夜でございます。

P8241643


日に透けて とろろあおいの影薄し  小夜


とろろあおい  夏の季語です

夕方にはしぼむ一日花 直径10cmもある大きな花です

根からは和紙漉きに使う糊がとれるそうです。

だから”とろろ”なのかしら
 
別名は、花おくら

やはり”とろろ”が似合いそうです。

見ている私も とろろん
 

にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ

花魁草


花魁草水なき河原に咲きいでる  小夜 


花魁草(おいらんそう) 夏の季語です


華やかに咲く姿を花魁に喩えた。

白粉に似た香りがするから。

       学名のフロックスとはギリシャ語の「炎」からきているそうです


真夏の緑濃い中に ひときわ目立っていました。
 

にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ

P8311755


良いこともあったかもねと鳳仙花  小夜


鳳仙花 秋の季語です

紅の汁を絞って爪を染めたことから

「つまべに」「つまくれない」の別名もあります。


ネイルアートが流行っていますが

♪爪も染めずにいてくれと 女があとから 泣けるよな

かなしい嘘の つける人♪ という歌がありました。


鳳仙花は花後の実は熟すと弾けて 種を飛ばします。

島倉千代子さん『鳳仙花』 



コロッケさんのモノマネで知っている人も多いのでは

 

にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ

このページのトップヘ